ご滞在のしおり

お食事処「鬼面庵」

 そば処『鬼面庵』は、名物「酸ヶ湯そば」「生姜味噌筍おでん」をご提供させていただいております。『鬼面庵』の名前は、ここ八甲田に古くから伝わる「鬼面岩」伝説より由来しております。

 「酸ヶ湯そば」は昔から雲谷地区(ここから30分程青森方面へ下った地域)に伝わる独特な製法を受け継いだ、そば粉だけで作られる純粋な日本そばのことをいいます。製造工場は標高900mの酸ヶ湯温泉にあるため、恵まれた気候風土と良質な八甲田の湧水が作用し、日本そば独特の舌ざわりとなります。またつなぎ粉を使用しないため、気候の変化や発酵度合により幾分切れやすいのも特徴となっています。
だし汁は陸奥湾のいわし焼干を主原料とした青森古来の味です。どこか懐かしい味をごゆっくりお楽しみください。

 「生姜味噌筍おでん」は青森市に伝わるB級グルメ。昭和20年代に駅周辺の闇市で、青函連絡船を待つお客さんの体が温まるようにと、おでんに生姜味噌だれをかけて出したのが始まりとされるソウルフードです。酸ヶ湯ではその頃国鉄(JR)の駅があったため、どこよりも早く伝わり、特産の根曲り竹を入れるのが特徴となって現在も名物となっております。

鬼面看板
鬼面庵店内
山菜そば
ざるそば
しょうが味噌おでん